藤沢・鎌倉を中心に造園工事・剪定・エクステリア工事・ガーデニングを行います

土づくりについて

土づくり

植物にとっての土は、人にとっての家みたいなものです。
まず、その土地の環境を知ることが大事です。
環境に合った植物を選び、性質を調べます。
そして、その性質に合った土づくりをします。
理想的な土とは?
砂質の土 ー 理想的な土 ー 粘土質の土
・水もちしない
・水もちがよい
・粒子が大きい
・粒子が小さい
・通気性がよい
・通気性が悪い
・乾燥しやすい
・水はけが悪い
・養分を蓄えない
・肥沃である

砂質の土と粘土質の土の中間がめざす土です。
つまり水もちがよく通気性がよく栄養や微生物を豊富に含む土です。

ただ例外もあります。理想的な土に植えても逆効果の場合もあります。栄養が乏しい土の方がしっかりした株になったり強く育つ植物もあります。
理想的な土の中にも砂質よりの土や粘土質よりの土、どの程度の状態の土づくりをするかは、とても難しいです。
その場所の環境や植物の生態など様々な面から予測して土づくりをする必要があります。
 

土づくり施工例
施工例1
土壌改良施工現場 土づくりりについて通常でいう理想的な土へ土壌調整します。
植栽場所は、階段状で水はけが良く半日陰の植物がメインの植栽であることを考えた土づくりです。


施工例2
土壌改良施工現場 土づくりりについて砂質寄りのドライガーデンへ土壌調整します。
栄養分が少ないことで、そこに植えるのに適した植物がしっかりと立ち、色も綺麗に出ます。雑草も抑えられ管理も楽です。
植栽場所は、一日中太陽が降り注ぐ場所で、日当たりと乾燥が好きな植物を植える為の土づくりです。