藤沢・鎌倉を中心に造園工事・剪定・エクステリア工事・ガーデニングを行います

緑庭記 2010.9

 

生コン車とポンプ車

造園工事・リビングガーデン造園工事・横浜市テラス工事・横浜市

コンクリート打設作業風景です。

生コン車は道路でたまに見かけるますが、車のドラムがくるくる回っている大型車です。
ドラム内にはシェル形の羽が入っていて、工場で練られたコンクリート成分が
分離しないようになっているのです。
生コン屋さんにコンクリートの配合を伝えて練ってもらいますが、
練ってから施工するまでは、最大90分。
その為、現場近くの生コン屋さんを探します。

今回の工事は、奮発してポンプ車もお願いしました。
普通、生コン車からのコンクリートをせっせと一輪車で運んでは、
型枠内に入れ・・・の繰り返しをひたすらがんばりますが、
ポンプがあれば早い早い!
ウィーンとブームが伸びて・・・
生コン屋のお兄さんがポンプで生コンを入れ、代表がコテでならしていきます。

このポンプ車、みなとみらいのランドマークタワー建設の際に
300メートル程の高さまでコンクリートを送ったそうです。
驚きの技術です。

 

 

タッケフェスタ

化粧ブロック工事エクステリア和風庭園

トコナメエプコスさん主催のタッケフェスタに行ってきました。

左写真:エスビックさんの化粧ブロックデュエットに新色登場です。
中央写真:見切れていますが、四国化成さんの 1本の柱のカーポートです。すごい・・
右写真:メイクランドさんの木曾石を模した人工石。

新日経さんのブースには、コンセント内蔵ポールがありました。
電気自動車や電動自転車の充電に活躍するそうです。
通常の屋外コンセントよりもボルト数が高く充電が早いそうです。
電気自動車がもっと普及したら、カースペースに一つ、
なんてことが普通になるのでしょうか。

他には、保水力がある舗装石が多く出ていました。
保水力が高いと路面温度上昇を抑える効果があり、
ゲリラ豪雨対策にもなるそうです。

この温暖化で、猛暑や植物の成長が著しい近年では、
ローメンテナンスな庭の需要が高まっているのでしょうね。
風化する美しさを大事にしつつも、管理の楽なお庭を提案していきたいです。

 

最新記事

カテゴリー

アーカイブ